「通過点」 藤谷匠(主将 #13)

神戸学院大学サッカー部もついに部員ブログが始まりました。部員ブログを始めることを聞いたとき「1部のチームの真似をしたやん。」正直そう思いました。しかしそれと同時に数年後には真似をされるチーム、関西を代表するチームへと成長できれば良いとも思いました。「そんなふうになれるわけがない」。今読んでいる大半の人が鼻で笑ったと思います。
僕の夢、目標はプロサッカー選手になり、プロの世界で活躍、そして日本代表になることです。またまた読んでいる全員が「アホちゃうか」と笑ったのではないでしょうか。

僕が神戸学院大学に入ってから「もっと強豪大学に行けばよかったのに…」友人、先輩、後輩、サッカー関係者の方など数多くの人から言われました。〈間違った選択をした〉と思われているはずです。僕自身も思ったことはあります。現在も進路の選択が間違っていたのか正しかったのかは分かりません。しかし、僕が夢を実現させることによって〈正しい選択をした〉と多くの人の考えが変わるのではないでしょうか。

『過去は変えられないが、未来は変えられる』聞き慣れた言葉ですが、僕はこれを体現したいです。間違った選択から正しい選択にするために、未来を変えるために、そして応援してくれるたくさんの方へ恩返しをするために『今』を頑張ります。

また、神戸学院大学サッカー部としても『今』を一所懸命頑張ることで未来を変えられると信じています。強豪チームへと成長するための通過点として2部Bリーグ優勝は絶対です。僕が入学してから2年連続入れ替え戦で負けています。だからこそ今年はスタッフ、試合に出られない選手、陰で支えてくれている人、悔し涙を流した先輩方の思いも背負い主将としてチームを優勝に導きたいです。

2016年07月21日