ブログ一覧

「Football is my life」 城村亮介 #34

S__11091985

「Football is my life」

題名の通りサッカーは私の人生だと思っている。私は3歳の頃からサッカーを始め約20年が経ちます。人生のほとんどの時間をサッカーに費やしてきた。生活の中でサッカーが離れることはあまりなく、サッカーが私を成長させてくれたと思っている。

自分でもたまにほんまにただの
サッカーバカやな。って思う。
でもサッカーより楽しいものは
まだ見つけれていない。だから大学4年間という遊ぶこともできる華の4年間も体育会の部活に入りサッカーをしているのだと思う。しかし私は大学サッカー部に入ったのは途中からだった。大学ではサッカーをする気はなかった。4年間おもいっきり遊んでやろうと思った。大学に入りバイトをし、朝まで遊び夕方まで寝てまたバイトという1日の繰り返しだった。しかし自分の生活が何の意味もない、何も得ることが出来ないと気づき大学のサッカー部の奴がとても輝しく見え、サッカー部に入った。遊ぶ日はもちろん減り、週一回のOFF。しかし充実感が全然違った。大学の4年間は本当に大事な時間だと思う。

私はもう4年生。就職も行きたい所に決まりあとはサッカー生活のみ。

前期はレギュラーで出させてもらいましたが、後期はどうなるかなんて全く分からない。部員もかなり増え「競争」というのが目に見えてわかるチームになってきた。とてもいいことだと思う。昨日まではトップチームだったのに次の日はサブ組。そんなことも全然あり、悔しさを表に出しながら取り組むことができ、強くなれると思う。
前まではなかったことなので。
私はサッカーを始めた頃から厳しい競争社会の中で生きてきたので今の現状を楽しみながらサッカーができている。私たちが引退した後もこれは是非続けてほしいことだ。

サッカー人生が終わろうとしていると考えるととても寂しく、不思議な感じがしますが、その分残りのサッカー生活を120%の力を出して頑張りたい。

そしてなんとしてでも昇格。
ここの目標は明確にクリアしたい。

そして忘れてはいけないのが感謝。たくさんの方に迷惑をかけてきた。両親、サッカー部の仲間、スタッフ、主務、マネージャー、地元の友達、彼女、周りの全ての人に感謝をしながらサッカーできる環境に感謝をし、サッカーで恩返しできるように頑張りたい。

2016年11月15日

「感謝」 椎葉功成(4回生 #17)

DSC_0297

感謝

この神戸学院大学に入学して、そしてサッカーに入り、多くの事を経験してきた。例えば、いきなり退部してくれと言われたり、休部になったり、問題を起こしたり、やる気が入らなかったり、あと1歩で優勝と言う悔しい結果に終わったりと、沢山の事を経験した。そんな中でいつも自分の近くでサッカーを一緒にやってくれた人達みんなに感謝したい。それは先輩方、後輩達含め、監督の栗本さんにも感謝している。

その中でも同期のみんなには特にありがとうを伝えたい。公私共に仲が良く、ピッチの上ではお互いに切磋琢磨し、お互いを支え合い、ピッチ外ではよくふざけ、笑いあえる。私自身サッカーは大学で最後と決めている中でこの同期達と出会え、サッカーを続けて来れた事は大きな財産だ。

同期のみんなへ、サッカーラストイヤー悔いを残さぬよう最後まで戦い抜き、みんなで笑って終わろう。そしてまたみんなで夜通し遊びに出よう。次の日みんなで二日酔いになれたら最高だね。

最後にもう一度、栗本監督、先輩方、後輩のみんな、そして大好きな同期のみんな、ありがとう。

2016年11月12日

「結果」 兼子陽太朗(4回生 #7)

kaneko3

私がこのサッカー部に所属してから早くも3年半が経ち、残り数ヶ月しか残っていない。

 

思い返してみれば、楽しかったとは思うが、あまり良い思い出はない。
なぜなら「結果」を残せていないからだ。中学校、高校では練習は凄く厳しかったが、様々な大会で優勝したり、良い成績を残したりすることで、皆が喜んだり笑顔になったり全てが報われ最高の思い出として記憶に残っている。

 

私はこの大学に入学した時から「結果」を求めて来た。なぜなら、「結果」を残すことで全てが報われることを知っているからだ。私は1年生の時からずっと試合に出ているが、思い描いた成績は残せずにいる。2年生の時にはその苛立ちから、すごく荒れた時期もあった。副主将として迎えた昨年は、最後の最期で優勝を逃し、個人としても前期は怪我で出場無しと周りには迷惑ばかりかけた最悪の年だった。

 

そして、現在4年生の私に残されたチャンスは今年しかない。前期が終わり、その今年も半分が終わった。今まで悔しい思いをしてきた分、今年にかける思いは強い。私はこの3年半、監督をはじめ、先輩や同学年、後輩に色々な形ですごく迷惑をかけてきた。もちろん家族にも多大な苦労をかけてきたという自覚がある。その自分の周りにいる人への恩返しという意味でも今年は是が非でも「優勝」したい。そのために全てをかけて頑張りたいと思う。これまで共に頑張ってきた仲間と「優勝」という「結果」を残し、皆で最高の笑顔で、私に足りなかった最高の思い出を創る。

 

 

 

 

 

2016年08月02日

「集大成」 門篤志(4回生 #2)

kado5

前期もおわり大学生活もあと後期だけで、後期が終わると私のサッカー生活は終了する。


私は、4人兄弟の末っ子で3人の兄の背中を追い、小学1年生からサッカーをしてきた。人生のほとんどの時間をサッカーに打ち込み、サッカーを楽しむことが生活の中心だった。当然いろいろなタイミングでサッカーを辞めることもできた。中学生になるとき、高校生になるとき、大学生になるとき。しかし必然であるかのようにサッカーをすることを選び、ボールを蹴っていることが当たり前だった。サッカーをするためにいろいろなことを犠牲にし、サッカーを自ら辞めることなど考えたこともなかった。


しかし、そんな大好きなサッカーを辞める時期がもうすぐ来てしまう。もちろん社会人になってもサッカーを続ける事は可能だ。しかし私は学生サッカーに魅力を感じている為続けるつもりは今はない。あんなにもバカやったり喧嘩したりして絆を深めること、観る人に感動を与える事。こんな事がこの先学生サッカーをやめても感じる事ができるのか?私は難しいと思う。今しかできない事、それが「学生サッカー」だと思っている。だからこそ、お世話になった学生サッカーに別れる準備をしっかりとしたい。


今年は学生サッカーの集大成。しかし、まだ試合に出場できていない。これはただただ、自分の実力不足だと思っている。もう一度試合に出る為にはもっと練習から真摯に取り組み、もう一度親に試合に出ている姿を見せる事が私が出来る恩返しだと思っている。そして、たとえ出れなくても腐らず悔いのないように全力で頑張り、ここ2年間入れ替え戦で負け、ピッチ上で泣いているので必ず2部Aに昇格し最高の同期達と笑って学生サッカーを「卒業」する!

2016年07月27日

「通過点」 藤谷匠(主将 #13)

image1

神戸学院大学サッカー部もついに部員ブログが始まりました。部員ブログを始めることを聞いたとき「1部のチームの真似をしたやん。」正直そう思いました。しかしそれと同時に数年後には真似をされるチーム、関西を代表するチームへと成長できれば良いとも思いました。「そんなふうになれるわけがない」。今読んでいる大半の人が鼻で笑ったと思います。
僕の夢、目標はプロサッカー選手になり、プロの世界で活躍、そして日本代表になることです。またまた読んでいる全員が「アホちゃうか」と笑ったのではないでしょうか。

僕が神戸学院大学に入ってから「もっと強豪大学に行けばよかったのに…」友人、先輩、後輩、サッカー関係者の方など数多くの人から言われました。〈間違った選択をした〉と思われているはずです。僕自身も思ったことはあります。現在も進路の選択が間違っていたのか正しかったのかは分かりません。しかし、僕が夢を実現させることによって〈正しい選択をした〉と多くの人の考えが変わるのではないでしょうか。

『過去は変えられないが、未来は変えられる』聞き慣れた言葉ですが、僕はこれを体現したいです。間違った選択から正しい選択にするために、未来を変えるために、そして応援してくれるたくさんの方へ恩返しをするために『今』を頑張ります。

また、神戸学院大学サッカー部としても『今』を一所懸命頑張ることで未来を変えられると信じています。強豪チームへと成長するための通過点として2部Bリーグ優勝は絶対です。僕が入学してから2年連続入れ替え戦で負けています。だからこそ今年はスタッフ、試合に出られない選手、陰で支えてくれている人、悔し涙を流した先輩方の思いも背負い主将としてチームを優勝に導きたいです。

2016年07月21日

競争の激化

image

昨シーズン、前期と後期ではスタメンに名を連ねる顔ぶれは大幅に変化がありました。
それは、4回生が自分の将来を見つめ、自分自身と向き合う「就活」を終え、たくましさを一層増してチームに戻ってきたためです。


今年も就活がひと段落した選手が徐々に練習に加わるようになりました。サッカーから遠ざかっていた分、サッカーに取り組む姿勢、仲間とプレーできる喜びそういった部分で後輩に刺激を与えてほしいと思います。


大学サッカーの集大成として
後悔の無いよう思いっきり躍動できるようにサポートしていきたいと思います。

2016年07月02日

新マネージャー入部

DSC_0928

チームに久しぶりの明るい話題です。

マネージャーが2人新たに仲間に加わりました。
新1年生が増え、部員の在籍数も例年にないぐらい増えています。

選手が集中してプレーできる環境を整えながら、
他では味わえない感動を楽しんで欲しいと思います。

2016年04月19日

山下俊樹さん(H27卒)来てくださいました!

DSC_1028

昨シーズンの総失点数が17。現段階で2節終了10失点。

「去年とは何が違うのか?」と、選手も模索し、結果が出ないことを苦しんでいます。
そんな中、昨年度の躍進のキーマンで優秀選手賞を受賞した、
卒業生の山下俊樹先輩が練習に参加してくださいました。

守備陣だけでなく、他の選手たちも良い刺激を受け、どことなく選手の表情も普段より明るかったように見えました。

2016年04月19日

「サッカーを死ぬスポーツと仮定して」

image

表題の言葉は先日、関西学生サッカー連盟の事務所でトレーナーズミーティングが開かれた際、提言されたことの1つです。
このセミナーでは選手が負傷した際、トレーナーやマネージャーはどう対応すべきか、故・松田直樹選手の事故からAEDの普及や備えることの大切さを学びました。
幾つも興味深い話があり、その中で1つ衝撃的だったのが表題のお話で、
「アメフトは怪我だけでなく、命を落とす危険性があることが想定されていて、なにかあった際に即座にスタッフが応急処置から病院へ搬送できるように準備してある。サッカーはどうなのか?」というお話でした。

そのセミナー後、1週間もしないうちに、弊部の選手が練習中の接触プレーにより、脳震盪で倒れ救急車で運ばれました。さいわい大事には至らず、その日のうちに退院できました。監督の判断とチームメートの協力で、この日は平日で医務室があいていたこともあり、そちらまで連れて行き、スムーズな対応をして頂きました。
関西学生サッカーリーグをはじめ、多くの試合が休日の開催です。医務室のみならず、近隣の病院があいていないことも考えられます。会場校として使用していただく機会も多くあるので、いま一度何かあったときの対応について部員・スタッフを中心に理解を深めていこうと思います。

2016年02月27日

去年に引き続き・・・

DSC_5

去年の後半、村尾さん、監﨑さん、門が始めたローパワートレーニング。
今年は藤谷キャプテンを中心に空き時間で体幹トレーニングをしているようです。

続いたら差し入れします。

2016年02月20日

新入生について

DSC_0024



来年度入学予定の高校生も練習に参加に来ています。

2016年02月19日